優っくり小規模多機能介護新宿西落合
トップページ > 優っくり村新宿西落合 > 優っくり小規模多機能介護新宿西落合 > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/02/25 21:00

ラブレター☆利用者様から学ぶこと

利用者様と楽しむ

「いろはかるた」に、、、、、、

「を」

老いては子に従え

があります。

【意味】は、

年をとったら、体も弱くなるし

新しいことも理解しにくくなるから、

万事子供に任せ、子供のいうことを聞いた方が良いということ。

これは、

現場の職員関係でも

私自身が痛感しています。

現場での職員は

老若男女、バラエテーに配置されています。

利用者様も

職員も

みんな今までの

それぞれの様々な人生

バラエテーにあるからこそ

 

様々な感情を感じて

人生の学びを頂いていますね。

 

現在の職員仲間には

我が子と同世代の若者がたくさん

大活躍しています。

 


あーーーーーー!

我が子のオムツを代えて

子育てに奮闘していた

あの頃、赤ちゃんだった

同世代の若者が

こんなにも

素晴らしく

さわやかに

活躍しています。



彼らもこれから

たくさんの喜怒哀楽の感情を味わい

たくさんの経験を積むことで

たくさんの引き出しも

増えていくことでしょう。

失敗を恐れずに

何でも経験して欲しいな♪

私ときたら

三歩歩けば後ろのことを忘れてしまう。

アナログ人間の私は

こうしたブログアップの操作方法もなかなか覚えられない。


どれだけ、同僚や仲間に

助けられているでしょうか。。。。。。。


ここで、人生の大先輩!

利用者様の包容力に学びます。

利用者さまのみなさん!

 

かつては

みなさんそれぞれに輝かしい時代があったと思います。

そして今は、

自分の老いを感じつつ湧いてくる様々な感情を

喜怒哀楽いっぱいに感じながらも

職員をいつも労ってくださいます。

人は、、

一人で何でも抱え込まないで

弱音を吐いて

人に助けてもらっていい。

 

そして、人は

いくつになっても

いつまでも無限の可能性(魂)があります。

 

 

先日はS様は。

しみじみとご自身の老いを

目をうるわせながら

語ってくださいました。


「老いる」こと、、、、、、。


誰もが

確実にもれなく

やってくることです。

そんな仕事に私たちは携わっています。



利用者様は、一足先に

私たちにそれを

 

身体感情豊かに教えて下さいます。



たまには、、、、、

弱音も吐いていいがな♡

思い切り愚痴ってもいいがな♡

 

今日もがんばったがんばった自分に

「ありがとう!」と

自分で自分を労ってあげよう!

 

自分に優しくなれると

人にも優しくなれます。

 

 

みんな

みんな~

がんばりやさん(^-^)

そんな頑張った自分に

ぎゅう~♡

自分をハグしてあげよう!


介護の現場は

利用者さまのお世話や

自立支援をするだけでなく

利用者様方から

 

「老い」を学ぶところです。

「弱音」も吐いていいんだよ~って

教えてもらえるところです。

「無限の可能性(魂)」は

いくつになってもあるんだよ~って

教えてもらえるところです。

 

 

そしてそして!

 

「ありがとう」と「感謝」を学ぶところです。

 

そしてそしてそして!

いくつになっても大切にある

「プライドや感情」を

大切に守ってさしあげるところです。



人間関係は「合わせ鏡」

目の前には、自分の心が映っています。


職場に

利用者さまから学ぶ

柔らかい風が

これからも香りますように~♡

 

利用者さまの笑顔はもちろん

優しい村と書いて

優っくり村の施設!!!!

 

職員の笑顔もますます広がりますように~♡

 

 

人間はさ

たくさんの感情と経験を味わうために

生まれてきたんだよ。

 

介護現場って

介護技術だけでないよね。

 

 

それを利用者さまは

身体を張って私たちに教えてくれています。

 

今日もあいがとうございます(^-^)

 

 

かーまた

ページの一番上に戻る